デジタルデータから印刷

プリント情報館

オンデマンド印刷は高速印刷が可能なのです

印刷には、オフセット印刷とオンデマンド印刷があり、近年では、注文があった分だけ迅速に印刷が出来るオンデマンド印刷が主流になっています。
これは、高速に印刷出来るレーザープリンターなどが大判印刷出来るようになった為であり、ポスターや同人誌やパンフレットなどの印刷物に使えます。
オンデマンド印刷は、ネットで注文が出来る印刷会社で普及していますので、ネットで印刷注文する時には、オンデマンド印刷で印刷してもらえます。
高速に印刷を行えますので、オフセット印刷とは違って、直ぐに印刷物が必要になるような場面で活用すれば便利なサービスであると言えます。
オフセット印刷とは違って、アミ点の大小で階層を表現していく仕組みになっていますので、写真や絵は漫画や同人誌のような雰囲気になります。
少量で印刷する時に重宝する方法であり、大量印刷でコストを抑えたい場合にはオフセット印刷でも構いませんが、印刷時間が版を作る関係上時間が掛かってしまいます。

プリプレスの工程とオンデマンド印刷について

プリプレスの工程とオンデマンド印刷について これまでの印刷もデジタル化によって、プリプレス工程がかなり効率化されています。
フィルムベースで行われていた作業をパソコンで進めることができるようになったわけです。
けれどもオフセット印刷機に関しては基本的に変わりはなく、プリプレス工程で加工したデジタルデータをアルミ板に焼き付け、オフセット機にセットするという作業を行うことになります。
けれどもオンデマンド印刷機が誕生してから、その刷版作業が不要となっています。
プリプレス工程で加工されたデータを直接オンデマンド機へ送ることで、すぐに紙へプリントできるわけです。
色調に関して修正が必要となっても、修正したデータをすぐにプリントして結果を確認できるのでスピーディな納品が可能となっています。
さらにオンデマンド印刷機はオフセット印刷機とは異なり、インキ濃度の管理を職人の経験に頼ることなく安定させることができます。
インキの粘度は温湿度の影響を受けますが、トナー式のインキを使うオンデマンド印刷ではそのような影響を受けないわけです。