データ形式の印刷とメリット

プリント情報館

早さがメリットになるオンデマンド印刷

オンデマンド印刷とは、印刷の要求があり次第出力される方法で、これまでの品質を保ちながらも、早く出力出来るメリットがあります。
また、プリンターを大型化した構造なので、オンデマンド印刷はコストが低く、導入費用が節約可能な点もメリットになり得ます。
つまり、オンデマンド印刷の機器は、要求に対する対応力であったり、導入と運用コストを下げるメリット、そして使い勝手の良さが含まれる製品といえます。
メリットの多いオンデマンド印刷を更に高める理由には、大手の印刷機器メーカーが参入している事、各社が競争を行うので低価格化と品質の上昇に期待が行える事にあります。
一方の欠点は、機器が大型なので導入は企業に限定される点であったり、個人用とは桁が違う費用が発生する事になります。ただ、業務用として考えるのであれば、高品質で素早い印刷性能に基地が持てるので、これからの印刷機器として期待されています。
印刷を希望する個人には、サービスの形で提供が行われるので、小ロットから大量印刷まで任せる事が出来ます。

データ入稿を利用してオンデマンド印刷でのデータ形式

データ入稿を利用 データ入稿を利用する事で印刷データに不備が無ければ直ぐに印刷が開始されると言うオンデマンド印刷はインターネットで印刷の受注を行っている印刷通販で印刷が可能になります。
オンデマンド印刷の魅力は短納期の印刷物の製作が可能になる事と、印刷までの工程の中でも製版工程が省略されるため、時間とコストの節約にもなります。尚、データ入稿を利用する場合には、印刷会社のパソコン環境と製作を行う側のパソコン環境が異なることを留意する事です。
パソコン環境が異なることで表組が崩れてしまったり、文字化けが生じてしまう事が起きてしまい、そのままでは印刷が出来なくなります。印刷通販でのデータ入稿のデータ形式は、PSD、EPS、PDF、TIFF、BMPと言った保存形式のデータを用意するのが一般的ですが、印刷会社に応じて入稿データ形式が定められているので注意が必要です。
また、特殊なフォントを利用する場合には、文字のアウトライン化と呼ばれる図形にする事でパソコン環境が異なっても印刷に対応可能になります。